コールバック関数

アプリケーションの記述を行うコールバック関数です。コールバックはシステム(ライブラリ)から呼び出されるという意味です。ユーザがいくつかのコールバック関数を定義することでシステムの振る舞いを記述します。

以下のコールバック関数は必須定義です。

  • setup()

  • loop()

それ以外の関数は定義しない場合は、何も実行しない空の関数が替わりにリンクされます。

通常のコールバック呼び出し順序

init_coldboot()
↓ (TWENET内部処理:初期化1)
setup()
↓(TWENET内部処理:初期化2)
begin() --- 初回のみ
loop() <--+
↓ |イベント処理、ビヘイビア処理
CPU DOZE -+

正確なふるまいを参照したい方はソースコードmwx_appcore.cppを参照してください。

スリープ復帰時のコールバック呼び出し順序

the_twelite.sleep()
↓ sleeping...
init_warmboot()
↓ (TWENET内部処理:初期化3)
wakeup()
↓(TWENET内部処理:初期化4)
loop() <--+
↓ |イベント処理、ビヘイビア処理
CPU DOZE -+

正確なふるまいを参照したい方はソースコードmwx_appcore.cppを参照してください。