M
M
MWX Library
検索…
attachIntDio()
DIO割り込みを有効にします。
1
void attachIntDio(uint8_t u8pin, E_PIN_INT_MODE mode)
Copied!
事前に入力設定したピンに対して、1番目のパラメータは割り込みを有効にしたいピン番号で、2番目は割り込み方向(立ち上がり、立ち下がり)を指定します。
割り込みハンドラ、イベントハンドラの記述はアプリケーションビヘイビアで行います。

DIO5のピンがHIGHからLOWに変化したときに割り込みが発生する設定を行う。
1
void setup() {
2
the_twelite.app.use<myAppClass>();
3
4
pinMode(PIN_DIGITAL::DIO5, PIN_MODE::INPUT_PULLUP);
5
attachIntDio(PIN_DIGITAL::DIO5, PIN_INT_MODE::FALLING);
6
}
7
8
void loop() {
9
;
10
}
Copied!

myAppClass.hpp

1
class myAppClass: public mwx::BrdPal, MWX_APPDEFS_CRTP(myAppClasslMot)
2
{
3
4
};
Copied!
アプリケーションビヘイビアmyAppClassの基本定義。詳細は省略している。

myAppClass.cpp

1
/*****************************************************************/
2
// MUST DEFINE CLASS NAME HERE
3
#define __MWX_APP_CLASS_NAME myAppClass
4
#include "_mwx_cbs_cpphead.hpp"
5
/*****************************************************************/
6
7
MWX_DIO_INT(PIN_DIGITAL::DIO5, uint32_t arg, uint8_t& handled) {
8
static uint8_t ct;
9
digitalWrite(PIN_DIGITAL::DIO12, (++ct & 1) ? HIGH : LOW);
10
handled = false; // if true, no further event.
11
}
12
13
MWX_DIO_EVENT(PIN_DIGITAL::DIO5, uint32_t arg) {
14
Serial << '*';
15
}
16
17
/*****************************************************************/
18
// common procedure (DO NOT REMOVE)
19
#include "_mwx_cbs_cpptail.cpp"
20
// MUST UNDEF CLASS NAME HERE
21
#undef __MWX_APP_CLASS_NAME
22
} // mwx
23
/*****************************************************************/
24
Copied!
アプリケーションビヘイビアmyAppClassの割り込みハンドラの記述。DIO5の割り込み発生時にDIO12の出力設定を反転させ、割り込みハンドラが終了してから発生するイベントではシリアルポートSerial*を表示する。
PDFに出力
リンクのコピー
目次