アクトのビルド

TWELITE STAGE アプリを利用する場合は「TWELITE STAGEによるアクトの実行」を参照してください。

MWXライブラリで記述したアプリケーションプログラムをアクト(Act)と呼びます。まずは、これをビルドします。

本ページでは、いくつかのビルド方法を記載していますが、いずれの方法も最終的にはmakeコマンドを実行しています。詳細はMakefileの解説を参照ください。

OS環境によっては各実行プログラムの動作時にセキュリティ警告が出る場合があります。警告を抑制する設定が必要になります。(警告を抑制してプログラムを動作する運用を行うかは、お客自身またはシステム管理者に相談の上、ご判断ください)