TWELITE SDK のインストール

MWSDK 2020-04 以降は TWELITE STAGE アーカイブに含まれます。

TWELITE STAGEアプリからビルドする場合は、MWSDK_ROOT 環境変数の設定が不要になります。

MWSDK 2019-12 と同じの方法でビルドする場合は、TWELITE STAGE アーカイブ中の MWSDK ディレクトリの構成は大きく変わっておりませんので、読み替えて利用ください。

TWELITE STAGE については以下をご覧ください。

TWELITE SDK (MWSDK) をインストールします。本書ではMWSDKと記載します。

TWELITE SDKはTWENET MWX C++ ライブラリ対応版をダウンロードしてください。

1. MWSDK 圧縮アーカイブファイルのダウンロード

MWX 対応 SDK の圧縮アーカイブファイルをダウンロードしてください。

2. 圧縮アーカイブの展開

圧縮アーカイブファイルを展開してください。

展開先のディレクトリ名にはスペース、日本語名が含まれてはいけません。

3. 環境変数の設定

MWSDK_ROOT, MWSDK_ROOT_WINNAME(Windows10のみ) の設定が必要です。

Windows10
Linux
macOS
Windows10

ここでは展開後のディレクトリ名を C:\MWSDK とします。別のディレクトリにインストールした場合は、読み替えてください。

C:\MWSDK\SET_ENV.CMD を実行してください。以下の環境変数を設定します。

  • MWSDK_ROOT

  • MWSDK_ROOT_WINNAME

例えば以下のような設定になります。

MWSDK_ROOT=C:/MWSDK/
MW_ROOT_WINNAME=C:\MWSDK\

インストールしたPC上からMWSDKをアンインストールするには以下を行ってください。

  • UNSET_ENV.cmdを実行してください。環境変数の設定を解除します。

  • MWSDKディレクトリを削除してください。

Linux

開発環境やシェルに MWX_ROOT環境変数を反映されるように設定してください。

方法はいくつかありますが、ホームディレクトリの.profile(ファイルがなければ新しく作成してください)に以下の設定を追加します。この設定でVSCodeのビルドまで可能です。

MWSDK_ROOT=/foo/bar/MWSDK/ export MWSDK_ROOT

エディタを使用せずに追加するには以下のようにコマンド入力します。$はプロンプトで環境によって表示が違います。/foo/bar/MSWSDKの部分はインストールしたディレクトリに応じて書き換えてください。

$ cd $HOME
$ echo MWSDK_ROOT=/foo/bar/MWSDK>>.profile
$ echo export MWSDK_ROOT>>.profile
macOS

開発環境やシェルに MWX_ROOT環境変数を反映されるように設定してください。

方法はいくつかありますが、ホームディレクトリの.profile(ファイルがなければ新しく作成してください)に以下の設定を追加します。この設定でVSCodeのビルドまで可能です。

MWSDK_ROOT=/foo/bar/MWSDK/ export MWSDK_ROOT

エディタを使用せずに追加するには以下のようにコマンド入力します。$はプロンプトで環境によって表示が違います。/foo/bar/MSWSDKの部分はインストールしたディレクトリに応じて書き換えてください。

$ cd $HOME
$ echo MWSDK_ROOT=/foo/bar/MWSDK>>.profile
$ echo export MWSDK_ROOT>>.profile

環境全体にMWSDK_ROOTを適用にするにはLaunchDを用います。

VS Codeの一部の設定で環境変数を参照していますが、ビルドには必須ではありません。

4. ライブラリの修正の適用

SDKに収録された時点から、ライブラリソースコードに修正がある場合があります。改版履歴を参照の上、必要に応じでライブラリソースコードを差し替えてください。