M
M
MWX Library
検索…
pnew
pnew() - 配置new の記述を簡素化
配置new(placement new)の記述を簡素化します。
template <class T, class... Args>
T* pnew(T& obj, Args&&... args) {
return (T*)new ((void*)&obj) T(std::forward<Args&&>(args)...);
}
例えば以下のように利用します。コンストラクタ引数を与えることもできます。
class my_class {
int _a;
public:
my_class(int a = -1) : _a(a) {}
};
my_class obj_1; // このコンストラクタは呼ばれない!
my_class obj_2; // このコンストラクタは呼ばれない!
void setup() {
mwx::pnew(obj_1); // my_class obj_1; に相当
mwx::pnew(obj_2, 2); // my_class obj_2(2); に相当
...
}

背景

コンパイラの制約のためグローバルオブジェクトのコンストラクタが呼び出されないため、これを初期化する方法は配置newを使用する方法が挙げられます。しかしながら、配置new(placement new)の構文は煩雑に見えるため。
他にstd::unique_ptr(または eastl::unique_ptr)を用いる方法もある。
std::unique_ptr<my_class> obj_3;
void setup() {
obj_3.reset(new my_class(3));
// TWELITE マイコンでは new は1回だけ確保し delete はできないため、
// 事実上グローバルオブジェクトと同等です。
}
PDFに出力
リンクのコピー