M
M
MWX Library
検索…
alloc
コンテナクラス(smplbuf, smplque)のテンプレート引数として指定し、内部で利用するメモリの確保または領域指定します。
このクラスはユーザコードから直接呼び出すものではありませんが、内部的にコンテナの宣言に用いられています。
クラス名
内容
alloc_attach<T>
すでにあるバッファを指定する
alloc_local<T, int N>
Nバイトのバッファを内部に静的確保する
alloc_heap<T>
指定したサイズをヒープに確保する
alloc_attachalloc_heapではメモリ確保クラスに応じた初期化メソッド (init_???())を実行する必要があります。

初期化

1
void attach(T* p, int n) // alloc_attach
2
void init_local() // alloc_local
3
void init_heap(int n) // alloc_heap
Copied!
バッファーp・サイズnで初期化します。

メソッド

alloc_size()

1
uint16_t alloc_size()
Copied!
バッファのサイズを返す。

_is_attach(), _is_local(), _is_heap()

想定したallocクラスと違うメソッド呼び出し記述に対して、static_assertのように、コンパイルエラーを発生させるためのメソッドです。
最終更新 1yr ago