M
M
MWX Library
検索…
format (mwx::mwx_format)
mwx::stream に printf の書式を入力
mwx::stream の << 演算子に対してフォーマット書式を書き出すヘルパークラスです。ライブラリ内では Using format=mwx::mwx_format; として別名定義しています。
1
Serial << format("formatted print: %.2f", (double)3123 / 100.) << mwx::crlf;
2
3
// formatted print: 31.23[改行]
Copied!
可変数引数リストに登録できる引数は最大8つです。doubleやuint64_t型など64bitのパラメータが含まれる場合は引数の数が制限されます。制限を超えた場合はstatic_assertによるコンパイルエラーになります。
  • コンストラクタで受け取った引数リストを、パラメータパックの展開機能を用いてクラス内部変数に格納する
  • operator << が呼び出された時点で、fctprintf() を呼び出し、ストリームにデータを書き出す

コンストラクタ

1
format(const char *fmt, ...)
Copied!
コンストラクタでは、書式のポインタとパラメータを保存します。続く <<演算子による呼び出しでフォーマットを解釈して出力処理を行います。
パラメータ
解説
fmt
フォーマット書式。
TWESDK/TWENET/current/src/printf/README.md 参照
...
フォーマット書式に応じたパラメータ。 ※ 最大数は4で、5つ以上のパラメータではコンパイルエラーとなる。
※ 書式との整合性はチェックしないため、不整合な入力に対しては安全ではない。
fmtは本オブジェクトが破棄されるまで、アクセス可能であることが必要です。
最終更新 1yr ago
PDFに出力
リンクのコピー