M
M
MWX Library
検索…
TwePacketPAL
TwePacketPalクラスは、TWELITE PALのパケットデータを解釈したものです。このクラスはTWELITE PAL(センサーデータなど上り方向)共通に取り扱います。
1
class TwePacketPal : public TwePacket, public DataPal { ... };
Copied!
PAL共通データはDataPalに定義されています。
PALの各センサー基板特有のデータを取り出すためのジェネレータ関数を用意しています。

DataPal構造体

PALは接続されるセンサーなどによってパケットデータ構造が異なりますが、DataPalでは共通部のデータ構造を保持します。
1
struct DataPal {
2
uint8_t u8lqi; // LQI値
3
4
uint32_t u32addr_rpt; // 中継器のアドレス
5
6
uint32_t u32addr_src; // 送信元のアドレス
7
uint8_t u8addr_src; // 送信元の論理アドレス
8
9
uint16_t u16seq; // シーケンス番号
10
11
E_PAL_PCB u8palpcb; // PAL基板の種別
12
uint8_t u8palpcb_rev; // PAL基板のレビジョン
13
uint8_t u8sensors; // データに含まれるセンサーデータの数 (MSB=1はエラー)
14
uint8_t u8snsdatalen; // センサーデータ長(バイト数)
15
16
union {
17
const uint8_t *au8snsdata; // センサーデータ部への参照
18
uint8_t _pobj[MWX_PARSER_PKT_APPPAL_FIXED_BUF]; // 各センサーオブジェクト
19
};
20
};
Copied!
PALのパケットデータ構造は大まかに2つのブロックからなり、全てのPAL共通部と個別のデータ部になります。個別のデータ部は、パケットの解釈を行わずそのまま格納しています。取り扱いを単純化するため32バイトを超えるデータは動的に確保するuptr_snsdataに格納します。
個別のデータ部は、PalBaseをベースクラスに持つ構造体に格納されます。この構造体は、TwePacketPalに定義されるジェネレータ関数により生成されます。
parse<TwePacketPAL>()実行時にMWX_PARSER_PKT_APPPAL_FIXED_BUFに収まるサイズであれば、センサー個別のオブジェクトを生成します。
収まらない場合はau8snsdataに解析時のバイト列の参照が保存されます。この場合、解析に用いたバイト列のデータが書き換えられた場合は、センサー個別のオブジェクトは生成できなくなります。

PalBase

PALの各センサーのデータ構造体はすべてPalBaseを継承します。センサーデータの格納状況u32StoredMaskが含まれます。
1
struct PalBase {
2
uint32_t u32StoredMask; // 内部的に利用されるデータ取得フラグ
3
};
Copied!

PalEvent

PALイベントは、センサーなどの情報を直接送るのではなく、センサー情報を加工し一定の条件が成立したときに送信される情報です。例えば加速度センサーの静止状態から一定以上の加速度が検出された場合などです。
1
struct PalEvent {
2
uint8_t b_stored; // 格納されていたら true
3
uint8_t u8event_source; // 予備
4
uint8_t u8event_id; // イベントID
5
uint32_t u32event_param;// イベントパラメータ
6
};
Copied!
イベントデータが存在する場合はTwePacketPal.is_PalEvent()trueになることで判定でき、.get_PalEvent()によりPalEventデータ構造を得られます。

ジェネレータ関数

センサーPALの各種データを取り出すためのジェネレータ関数です。
1
void print_pal(pktparser& pkt) {
2
auto&& pal = pkt.use<TwePacketPal>();
3
if (pal.is_PalEvent()) {
4
PalEvent obj = pal.get_PalEvent();
5
} else
6
switch(pal.u8palpcb) {
7
case E_PAL_PCB::MAG:
8
{
9
// generate pal board specific data structure.
10
PalMag obj = pal.get_PalMag();
11
} break;
12
case E_PAL_PCB::AMB:
13
{
14
// generate pal board specific data structure.
15
PalAmb obj = pal.get_PalAmb();
16
} break;
17
...
18
default: ;
19
}
20
}
Copied!
ジェネレータ関数を利用するには、まずpktがイベントかどうか判定(.is_PalEvent())します。イベントの場合はget_PalEvent()を持ちます。それ以外はu8palpcbに応じてオブジェクトを生成します。

get_PalMag()

1
PalMag get_PalMag()
2
3
// MAG
4
struct PalMag : public PalBase {
5
uint16_t u16Volt; // モジュール電圧[mV]
6
uint8_t u8MagStat; // 磁気スイッチの状態 [0:磁石なし,1,2]
7
uint8_t bRegularTransmit; // MSB flag of u8MagStat
8
};
Copied!
.u8palpcb==E_PAL_PCB::MAGの場合、開閉センサーパルのデータPalMagを取り出します。

get_PalAmb()

1
PalAmb get_PalAmb()
2
3
// AMB
4
struct PalAmb : public PalBase {
5
uint16_t u16Volt; // モジュール電圧[mV]
6
int16_t i16Temp; // 温度(100倍値)
7
uint16_t u16Humd; // 湿度(100倍値)
8
uint32_t u32Lumi; // 照度(Lux相当)
9
};
Copied!
.u8palpcb==E_PAL_PCB::AMBの場合、環境センサーパルのデータPalAmbを取り出します。

get_PalMot()

1
PalMot get_PalMot()
2
3
// MOT
4
struct PalMot : public PalBase {
5
uint16_t u16Volt; // モジュール電圧[mV]
6
uint8_t u8samples; // サンプル数
7
uint8_t u8sample_rate_code; // サンプルレート (0: 25Hz, 4:100Hz)
8
int16_t i16X[16]; // X 軸
9
int16_t i16Y[16]; // Y 軸
10
int16_t i16Z[16]; // Z 軸
11
};
Copied!
.u8palpcb==E_PAL_PCB::MOTの場合、動作センサーパルのデータPalMotを取り出します。

get_PalEvent()

1
PalEvent get_PalEvent()
2
3
// PAL event
4
struct PalEvent {
5
uint8_t b_stored; // trueならイベント情報あり
6
uint8_t u8event_source; // イベント源
7
uint8_t u8event_id; // イベントID
8
uint32_t u32event_param; // 24bit、イベントパラメータ
9
};
Copied!
.is_PalEvent()trueの場合PalEvent(PALイベント)を取り出します。
最終更新 1mo ago