Scratch

テンプレートコードです。

act0は中身が空でしたがScratchには以下のコードが含まれます。

setup()

void setup() {
/*** SETUP section */
txreq_stat = MWX_APIRET(false, 0);
// the twelite main class
the_twelite
<< TWENET::appid(APP_ID) // アプリケーションID
<< TWENET::channel(CHANNEL) // チャネル
<< TWENET::rx_when_idle(); // 受信有
// Register Network
auto&& nwk = the_twelite.network.use<NWK_SIMPLE>();
nwk << NWK_SIMPLE::logical_id(0xFE); // 子機、特定アドレス指定なし(0xFE)
/*** BEGIN section */
Buttons.begin(pack_bits(PIN_BTN), 5, 10); // ボタン処理初期化
the_twelite.begin(); // start twelite!
/*** INIT message */
Serial << "--- Scratch act ---" << mwx::crlf;
}

アプリケーションID APP_ID, 無線チャネルCHANNEL、受信有、子機アドレス0xFEとして始動します。

begin()

void begin() {
Serial << "..begin (run once at boot)" << mwx::crlf;
}

始動時setup()の後に1回だけ呼び出されます。メッセージの表示のみ。

loop()

ボタン(スイッチ)の入力検出

if (Buttons.available()) {
uint32_t bm, cm;
Buttons.read(bm, cm);
if (cm & 0x80000000) {
// the first capture.
}
Serial << int(millis()) << ":BTN" << format("%b") << mwx::crlf;
}

Buttonsによる連続参照により状態を確定します。ボタン状態が変化したらシリアルに出力します。

シリアルからの入力

while(Serial.available()) {
int c = Serial.read();
Serial << '[' << char(c) << ']';
switch(c) {
case 'p': ... // millis() を表示
case 't': ... // 無線パケットを送信 (vTransmit)
case 's': ... // スリープする
}
}

シリアルから1文字読み込んで、入力文字に応じた処理をします。

パケットの受信

if (the_twelite.receiver.available()) {
auto&& rx = the_twelite.receiver.read();
// just dump a packet.
Serial << format("rx from %08x/%d",
rx.get_addr_src_long(), rx.get_addr_src_lid()) << crlf;
}

パケットを受信したら、送信元のアドレス情報を表示します。

wakeup()

void wakeup() {
Serial << int(millis()) << ":wake up!" << mwx::crlf;
}

スリープ起床時に最初に呼び出されます。メッセージの表示のみ。

vTransmit()

MWX_APIRET vTransmit() {
Serial << int(millis()) << ":vTransmit()" << mwx::crlf;
if (auto&& pkt = the_twelite.network.use<NWK_SIMPLE>().prepare_tx_packet()) {
// set tx packet behavior
pkt << tx_addr(0xFF) // 同報通信=ブロードキャスト
<< tx_retry(0x1) // 再送1回
<< tx_packet_delay(100,200,20); // 送信時遅延100-200msの間に送信、再送間隔20ms
// 送信データの指定(アプリケーションごとに決める)
pack_bytes(pkt.get_payload()
, make_pair("SCRT", 4) // 4文字識別子
, uint32_t(millis()) // タイムスタンプ
);
// 送信要求を行う
return pkt.transmit();
}
// .prepare_tx_packet() 時点で失敗している
return MWX_APIRET(false, 0);
}

送信要求を行う最小限の手続きです。

この関数を抜けた時点では、まだ要求は実行されていません。しばらく待つ必要があります。この例では100-200msの送信開始の遅延があるため、送信が開始されるのは早くて100ms後です。