PCA9632 - LEDドライバ

通知パル (NOTICE PAL) に使用されている LED ドライバです。

通知PAL上での制御はボード(BRD) PAL_NOTICEより行います。

処理の流れ

  1. Wire.begin(): バスの初期化

  2. .setup(): クラスオブジェクトの初期化

  3. .reset(): ドライバの初期化

  4. 各種手続き

PCA9632について

4chのLEDドライバです。

  • 各chは消灯・全点灯・PWM点灯・点滅の4つの状態を指定できる

  • 各chで独立して照度制御(PWM)できる

  • 点滅指定したchはすべて同じ点滅パターンとなる

  • 点滅時はPWMによる各ch個別の照度制御ができる

動作に必要な手続き

Wireバス

setup()メソッド呼び出し前にWire.begin()によりWireが動作状態にしておきます。

スリープ復帰時の手続き

スリープ直前もWireバスが動作状態にしておきます(スリープ復帰後自動でWireを回復します)。

コード例

#include <TWELITE>
#include <SNS_PCA9632>
SNS_PCA9632 pca;

#include <SNS_PCA9632>SNS_PCA9632クラスオブジェクトの宣言が必要です。

初期化&リセット

void setup() {
Wire.begin();
pca.setup();
pca.reset();
}

点灯

...
​ pca.set_led_duty_all(
127,
127,
127,
127
);
pca.set_led_status(
SNS_PCA9632::LED_PWM,
SNS_PCA9632::LED_NOP,
SNS_PCA9632::LED_PWM,
SNS_PCA9632::LED_NOP);

上記の例ではLED1,3をPWM制御により点灯します。

点灯時はドライバが消費する電流値に気を付けてください。

メソッド

コンストラクタ, setup()

SnsPCA9632(uint8_t i2c_addr = DEFAULT_I2C_ADDRESS)
void setup(uint8_t i2c_addr = DEFAULT_I2C_ADDRESS)

コンストラクタではi2c_addrを指定します。

グローバル宣言でクラスオブジェクトを定義した場合、コンストラクタが呼びだされませんので、setup()を呼び出すようにしてください。

reset()

bool reset()

デバイスを初期化します。 レジスタアドレス 0x0 から順に {0x81, 0x35, 0x7F, 0x7F, 0x7F, 0x7F, 0x7F, 0x0B, 0x00} を書き込みます。

set_mode2()

bool set_mode2(uint8_t u8var = 0x35)

MODE2レジスタに値を書き込みます。

set_power_mode()

bool set_power_mode(bool b_pow_on)

b_pow_ontrueにすると通常運用、falseにするとスリープします。

bool set_blink_cycle(uint8_t u8var)
bool set_blink_cycle_ms(uint16_t u16ms)

点滅(グループPWM)周期を決めます。

u8varを指定すると周期は(u8var+1)/24[秒]となります。

u16msは周期を[ms]で指定します。

bool set_blink_duty(uint8_t u8duty);

点滅(グループPWM)のデューティ比を決めます。点灯期間はu8duty/256となり、0は消灯相当、255は全灯相当になります。

set_led_duty()

bool set_led_duty(uint8_t port, uint8_t duty)

明るさ(PMW制御のデューティ比)を指定します。

portは対象のLED(SNS_PCA9632::LED1..4)を指定します。

dutyは0..255を指定し、比率duty/256で点灯します。

set_led_duty_all()

bool set_led_duty_all(uint8_t p1, uint8_t p2, uint8_t p3, uint8_t p4)

全てのLEDに対して明るさ(PMW制御のデューティ比)を指定します。

p1,p2,p3,p4はLED1..4のデューティで0..255を指定します。比率duty/256で点灯します。

set_led_status()

bool set_led_status(uint8_t u8led1, uint8_t u8led2, uint8_t u8led3, uint8_t u8led4)

全てのLEDの点灯状態を変更します。

u8led1..4は順にLED1..4の状態を指定します。

指定できる状態は、以下の通りです。

内容

SNS_PCA9632::LED_OFF

消灯

SNS_PCA9632::LED_ON

全灯

SNS_PCA9632::LED_PWM

照度制御(PWM)

SNS_PCA9632::LED_BLINK

点滅制御(グループPWM)

SNS_PCA9632::LED_NOP

状態を変更しない

probe()

bool probe()

I2Cバス上にデバイスが存在すればtrueを返します。

show_registers()

void show_registers()

レジスタ(0x0-0x8)の値を表示します。