Unit_???

Unit_で始まるアクト(Act)は、ごく単機能の記述や動作を確認するためのものです。

名前

内容

Unit_ADC

ADCを動作させるサンプルです。100msごとにADCを連続実行しつつ約1秒おきに読み出し表示します。[s]キーでスリープします。

Unit_I2Cprobe

I2Cバスをスキャンして、応答のあるデバイス番号を表示します(この手順で応答しないデバイスもあります)。

Unit_delayMicoroseconds

delayMicroseconds()の動作を確認します。16MhzのTickTimerのカウントとの比較をします。

Unit_brd_CUE

TWELITE CUEの加速度センサー,磁気センサー,LEDの動作確認を行います。ターミナルから[a],[s],[l]キーを入力します。

Unit_brd_PAL_NOTICE

通知パル(NOTICE PAL)のLED点灯を試します。起動時に全灯フラッシュ、その後はシリアル入力で操作します。

  • r,g,b,w : 各色の点灯モードをトグルする

  • R,G,B,W : 各色の明るさを変更する(消灯・全灯時は無効)

  • c: 周期を変化させる(点滅時)

  • C: 点滅時のデューティを変化させる(点滅時)

Unit_div100

10,100,1000の割り算と商を求めるdiv10(),div100(),div1000()の動作確認を行います。-99999~99999まで計算を行い通常の/,%による除算との経過時間の比較をします。

Unit_div_format

div10(),div100(),div1000()の結果を文字列出力します。

Unit_UART1

UART1 (Serial1) の使用サンプルです。UART0(Serial)からの入力をUART1に出力し、UART1からの入力をUART0に出力します。

Unit_Pkt_Parser

パケット情報のパーサーpktparserの使用サンプルです。App_Wingsの出力を解釈することが出来ます。 ※ TWELITE無線モジュール同士をシリアル接続して、一方をApp_Wingsとして他方でその出力を解釈したいような場合です。他方をTWELITE無線モジュール以外に接続したい場合は「他のプラットフォーム」を参照ください。

Uint_EEPROM

EEPROMの読み書きテストコードです。

Unit_Cue_MagBuz

TWELITE CUEの磁石センサーとSETピン(圧電ブザーを接続)を用いた、磁石を離すとブザーが鳴るプログラムです。

Unit_doint-bhv

IO割り込みを処理するビヘイビア記述例です。