M
M
MWX Library
検索…
SPI (メンバ関数版)
begin()メソッドによりハードウェアの初期化を行った後、beginTransaction()によりバスの読み書きができるようになります。beginTransaction()を実行するとSPIのセレクトピンが選択されます。読み書きはtransfer()関数を用います。SPIは読み出しと書き込みを同時に実行します。

beginTransaction()

1
void beginTransaction()
2
void beginTransaction(SPISettings settings)
Copied!
バスの利用開始を行います。SPIのセレクトピンをセットします。
settingsパラメータを与えて呼び出した場合は、バスの設定を行います。

endTransaction()

1
void endTransaction()
Copied!
バスの利用を終了します。SPIのセレクトピンを解除します。

transfer(), transfer16(), transfer32()

1
inline uint8_t transfer(uint8_t data)
2
inline uint16_t transfer16(uint16_t data)
3
inline uint32_t transfer32(uint32_t data)
Copied!
バスの読み書きを行います。trasnfer()は8bit、transfer16()は16bit、transfer32()は32bitの転送を行います。