M
M
MWX Library
検索…
Buttons
ディジタル入力管理クラス (mwx::periph_buttons)
ディジタル入力の変化を検出します。このクラスは、同じ検出値が複数回得られたときに変化を検出します。メカ式のボタンのチャタリングの影響を小さくするのに有効です。

メソッド

setup()

1
void setup(uint8_t max_history);
Copied!
パラメータのmax_historyは、begin()で設定可能な参照回数の最大値です。ここではメモリーの確保と初期化を行います。

begin()

1
void begin(uint32_t bmPortMask,
2
uint8_t u8HistoryCount,
3
uint16_t tick_delta);
Copied!
Buttonsの動作を開始します。1番目のパラメータbmPortMaskは監視対象のディジタル入力のビットマップを指定します。bit 0がDIO 0, ... , bit N がDIO Nに対応します。複数指定することができます。2番目のu8HistoryCountは値の確定をするのに必要な回数です。3番目のtick_deltaは値の確認を行う間隔をmsで指定します。
値の確定にはu8HistoryCount*tick_delta[ms]かかることになります。例えばu8HistoryCount=5, tick_delta=4の場合は、状態の確定に最低約20msかかります。
確認はTickTimerのイベントハンドラで行っています。割り込みハンドラではないので、処理等の遅延の影響を受けますが、メカ式ボタン等のチャタリング抑制には十分です。

end()

1
void end()
Copied!
Buttonsの動作を終了します。

available()

1
inline bool available()
Copied!
変化が検出されたときにtrueを返します。read()を実行するとクリアされます。

read()

1
bool read(uint32_t& u32port, uint32_t& u32changed)
Copied!
availableになったとき呼び出します。u32portは現在の入力DIOのビットマップ、u32changedは変化が検出されたDIOのビットマップです。
Buttonsが動作していない場合はfalseを返します。

動作について

初回の値確定

Buttonsが動作を開始した時点では、DIOの入力状態は未確定です。値が確定した時点でavailableになります。このときread()で読み出すビットマップのMSB(bit31)が1にセットされます。
動作確定を要するため、入力値が定常的に変化するポートを監視する目的では利用できません。

スリープ

スリープ前にButtonsが稼働状態であれば、復帰後に再開します。再開後、初回確定を行います。
最終更新 1yr ago