WirelessUART

WirelessUARTはシリアル通信を行います。

このアクトの解説の前にBRD_APPTWELITEの解説をご覧ください。

アクトの機能

  • 2台のUART接続のTWELITE同士をアスキー書式で通信する。

アクトの使い方

必要なTWELITE

いずれかを2台。

アクトの解説

setup()

void setup() {
/*** SETUP section */
// the twelite main class
the_twelite
<< TWENET::appid(APP_ID) // set application ID (identify network group)
<< TWENET::channel(CHANNEL) // set channel (pysical channel)
<< TWENET::rx_when_idle(); // open receive circuit (if not set, it can't listen packts from others)
// Register Network
auto&& nwk = the_twelite.network.use<NWK_SIMPLE>();
uid = random(1, 5); // set uid by random() (1..4)
nwk << NWK_SIMPLE::logical_id(uid); // set Logical ID. (0xFE means a child device with no ID)
/*** BEGIN section */
SerialParser.begin(PARSER::ASCII, 128); // Initialize the serial parser
the_twelite.begin(); // start twelite!
/*** INIT message */
Serial << "--- WirelessUart (id=" << int(uid) << ") ---" << mwx::crlf;
}

論理IDはrandom(1,5)により1,2,3,4のいずれかの値に割り当てています。通常は、論理IDを設定保存したデータ、またはDIP SWといったハードウェアの情報から生成します。

SerialParser.begin(PARSER::ASCII, 128);

シリアルパーサーを初期化します。

loop()

while(Serial.available()) {
if (SerialParser.parse(Serial.read())) {
Serial << ".." << SerialParser;
const uint8_t* b = SerialParser.get_buf().begin();
uint8_t addr = *b; ++b; // the first byte is destination address.
transmit(addr, b, SerialParser.get_buf().end());
}
}

シリアルからのデータ入力があった時点で、シリアルパーサーに1バイト入力します。アスキー形式が最後まで受け付けられた時点でSerialParser.parse()trueを戻します。

SerialParserは内部バッファに対してsmplbufでアクセスできます。上の例ではバッファの1バイト目を送信先のアドレスとして取り出し、2バイト目から末尾までをtransmit()関数に渡します。

パケットを受信したときには、送信元を先頭バイトにし続くペイロードを格納したバッファsmplbuf_u8<128> bufを生成し、出力用のシリアルパーサーserparser_attach poutからシリアルに出力しています。

if (the_twelite.receiver.available()) {
auto&& rx = the_twelite.receiver.read();
// check the packet header.
const uint8_t* p = rx.get_payload().begin();
if (rx.get_length() > 4 && !strncmp((const char*)p, (const char*)FOURCHARS, 4)) {
Serial << format("..rx from %08x/%d", rx.get_addr_src_long(), rx.get_addr_src_lid()) << mwx::crlf;
smplbuf_u8<128> buf;
mwx::pack_bytes(buf
, uint8_t(rx.get_addr_src_lid()) // src addr (LID)
, make_pair(p+4, rx.get_payload().end()) ); // data body
serparser_attach pout;
pout.begin(PARSER::ASCII, buf.begin(), buf.size(), buf.size());
Serial << pout;
}
}

テスト用のコマンド

テストデータは必ずペースト機能を用いてターミナルに入力してください。入力にはタイムアウトがあるためです。

参考: TWE ProgrammerやTeraTermでのペーストはAlt+Vを用います。

入力の末尾にCR LFが必要です。

最初はCR LFが省略できるXで終わる系列を試してください。終端文字列が入力されない場合は、その系列は無視されます。

:FE00112233X
:FE001122339C

任意の子機宛に00112233を送付します。

:03AABBCC00112233X
:03AABBCC0011223366

子機3番に対してAABBCC00112233を送付します。

TWE Programmerのターミナル機能を用いて送付する場合は、Alt+Vキーを用いてペーストします。