M
M
MWX Library
検索…
SPI
SPIバス (MASTER) の読み書きを行います。

注意事項

定数

定数
意味
const uint8_t SPI_CONF::MSBFIRST
MSB を先頭ビットにする
const uint8_t SPI_CONF::LSBFIRST
LSB を先頭ビットにする
const uint8_t SPI_CONF::SPI_MODE0
SPI MODE 0 に設定する
const uint8_t SPI_CONF::SPI_MODE1
SPI MODE 1 に設定する
const uint8_t SPI_CONF::SPI_MODE2
SPI MODE 2 に設定する
const uint8_t SPI_CONF::SPI_MODE3
SPI MODE 3 に設定する

初期化と終了

SPIバスの利用手続きはbegin()メソッドによります。

begin()

1
void begin(uint8_t slave_select, SPISettings settings)
2
SPISettings(uint32_t clock, uint8_t bitOrder, uint8_t dataMode)
Copied!
ハードウェアの初期化を行います。
スリープ復帰後にも本処理が必須です。
パラメータ
解説
slave_select
使用するSPIスレーブのセレクトピンを指定する。
0 : DIO19
1 : DIO0 (DIO 19 は予約されます)
2 : DIO1 (DIO 0,19 は予約されます)
settings
SPIのバス設定を指定します。 clock[hz]でSPIバスの周波数を指定します。指定した周波数に近いディバイザが選択されます。16Mhzまたは16Mhzを偶数で割った値になります。
bitOrderSPI_CONF::MSBFIRSTSPI_CONF::LSBFIRSTを指定します。
dataModeSPI_CONF::SPIMODE0..3を指定します。

1
void setup() {
2
...
3
SPI.begin(0, SPISettings(2000000, SPI_CONF::MSBFIRST, SPI_CONF::SPI_MODE3));
4
...
5
}
6
7
void wakeip() {
8
...
9
SPI.begin(0, SPISettings(2000000, SPI_CONF::MSBFIRST, SPI_CONF::SPI_MODE3));
10
...
11
}
Copied!

end()

1
void end()
Copied!
SPIのハードウェアの利用を終了します。

読み書き

読み書きの手続きは、以下の2種類あります。いずれかを選択して利用します。

最終更新 1yr ago