他のプラットフォーム

他のプラットフォームでも一部の機能(serparser, pktparser, コンソール用Serialオブジェクト)をビルドできるように、ビルド定義を用意しています。必要なファイルのみを切り出しています。

ビルド定義は{mwxライブラリ格納}/stdioフォルダに格納しています。ビルド方法はREADME.md(リンクはGitHub上)を参照してください。

  • C++11でのコンパイルが出来ること。

  • C++11の標準ライブラリヘッダが利用できること (utility, algorithm, functional, iteratorなど)

  • new/delete/virtualは使用しません。

  • newによるメモリ確保は例外的に使用する場合があります。

    • serparser/pktparserでnew演算子を利用するalloc_heapではdeleteによる処理を行っています。

    • (参考) ただしmwxライブラリとしてはdeleteについては考慮しない前提で設計されている部分もあります。