MC3630 - 加速度センサー

SPIバスを用いた加速度センサーです。

ボードビヘイビア <PAL_MOT> <PAL_NOTICE> を読み込んだ時のみ使用可能です。begin(), available()以外の共通メソッドの手続きはボードビヘイビア中で実行されています。

動作の流れ

  1. .begin(): センサーの動作開始

  2. PIN_SNS_INT割り込み または available(): FIFOキューが規定数に達する

  3. .get_que(): FIFOキューからのデータを取得する

動作に必要な手続き

SPI バス

特にありません。

スリープ手続き

PIN_SNS_INT割り込みによる起床を行うため、スリープ前に以下の設定行います。

pinMode(PAL_MOT::PIN_SNS_INT, WAKE_FALLING);

スリープ復帰時の手続き

.wakeup()メソッドの呼び出しが必要です。この処理は<PAL_MOT>ボードビヘイビア中で実行されています。

半導体内部のFIFOキューが一杯になっても読み出さなかった場合は、データ取得は終了し、新たな値は格納されません。

データ構造

各サンプルはaxis_xyzt構造体を要素とするキューsmplqueに格納されます。メンバーx,y,zはそれぞれX,Y,Z軸に対応します。

struct axis_xyzt {
int16_t x;
int16_t y;
int16_t z;
uint16_t t;
};

各軸の値は1Gを1000とした値として格納されます。tはサンプルの番号で0から順番にサンプルごとに割り振られます。

メソッド

read()

uint8_t read()

半導体のFIFOキューからデータを読み出します。読みだしたバイト数が戻りますが.get_que()で参照するキューのサイズに格納されるデータ数を読み出すようにしてください。

スリープ復帰後に<PAL_MOT>ではread()が行われます。

get_que()

smplque<axis_xyzt>& get_que()

加速度のサンプルを取得します。キューはaxis_xyztを要素としたsmplqueです。availableになってから速やかにキューを空にする必要があります。

共通メソッド

setup()

void setup()

このセンサーではsetup()を使用しません。

begin(), end()

void begin(uint32_t conf)
void end()

confで指定した設定で初期化します。

conf[0:15](bit0-15) : サンプリングモード、conf[16:23] (bit16-23): 加速度のレンジ、conf[24:31] (bit24-31) : 割り込み発生までのサンプル数を設定します。

conf[0:15] サンプルモード

内容

MODE_LP_1HZ_UNOFFICIAL

1Hz Low Power (非公式設定)

MODE_LP_2HZ_UNOFFICIAL

2Hz Low Power (非公式設定)

MODE_LP_7HZ_UNOFFICIAL

7Hz Low Power (非公式設定)

MODE_LP_14HZ

14Hz Low Power (デフォルト)

MODE_LP_28HZ

28Hz Low Power

MODE_LP_54HZ

54Hz Low Power

MODE_LP_105HZ

105Hz Low Power

MODE_LP_210HZ

210Hz Low Power

MODE_LP_400HZ

400Hz Low Power

MODE_ULP_25HZ

25Hz Ultra Low Power

MODE_ULP_50HZ

50Hz Ultra Low Power

MODE_ULP_100HZ

100Hz Ultra Low Power

MODE_ULP_190HZ

190Hz Ultra Low Power

MODE_ULP_380HZ

380Hz Ultra Low Power

非公式設定はMC3630のデータシートに記述がないもので設定時の動作は未定義となります。お客様のほうでの動作確認の上利用下さい。非公式設定にかかわる問題やご質問について弊社サポートでは対応いたしかねます。

conf[16:23] 加速度レンジ

内容

RANGE_PLUS_MINUS_8G

±8G (デフォルト)

RANGE_PLUS_MINUS_4G

±4G

RANGE_PLUS_MINUS_2G

±2G

RANGE_PLUS_MINUS_1G

±1G

process_ev()

void process_ev(uint32_t arg1, uint32_t arg2 = 0)

このセンサーではprocess_ev()を使用しません。

available()

bool available()

センサーにデータが読み出され内部のキューにデータが保存されているとtrueを戻します。

probe()

bool probe()

このセンサーではprobe()は使用できません。

wakeup()

void wakeup()

スリープ復帰後のSPIバスの再初期化を行い、加速度データを読み出します。