M
M
MWX Library
検索…
setup()
コード実行の初期に呼び出され、初期化コードを記述します。
TWENETの初期化は setup() 関数が終了した後にも実行されます。多くの処理はTWENETが終了した後に実行するようになっているため、ここでは初期化以外の処理を行わないようにしてください。
注意すべき事項を以下に列挙します。
  • スリープthe_twenet.sleep()の実行はできません。初期化後速やかにスリープしたいときはbegin()関数内に最初のスリープ処理を記述してください。
  • delay()関数は後述の処理*に置き換えられます。この場合、パラメータのmsはミリ秒を指定するものではありません。
* delay()の代替処理
1
static inline void delay(uint32_t ms) {
2
volatile uint32_t ct = ms * 4096;
3
while (ct > 0) {
4
--ct;
5
}
6
}
Copied!
最終更新 1mo ago
PDFに出力
リンクのコピー